第27回(1982年) ヒカリデユール 第51回(2006年) ディープインパクト 第06回(1965年) シンザン 第02回(1982年) ハーフアイスト 第24回(2004年) ゼンノロブロイ 第31回(1990年) オサイチジョージ 第23回(1982年) モンテプリンス 第28回(1983年) リードホーユー 宝塚記念(たからづかきねん)とは、阪神競馬場の馬齢3歳以上・芝2200メートル行なわれる gi 競走。 夏のグランプリと言われている。. 第069回(1974年) タケホープ 第43回(2002年) ダンツフレーム 第025回(1952年) ミツハタ 第035回(1957年) キタノオー そして有馬記念当日の全競走が終了したあとに引退式が行われた。約5万人[119]のファンが見守る中、厩務員の市川と調教助手の池江に曳かれながら、武豊を背に同日の有馬記念のゼッケンを付けて登場し、ファンに最後の勇姿を披露した。, 世界ランキングでは、夏から秋にかけては一時的に順位を落としたものの、ジャパンカップと有馬記念の優勝によって、最終的な2006年通年の世界ランキング1位となった[6][7]。JRA賞でも年度代表馬および最優秀4歳以上牡馬に選出された[10]。年度代表馬は2年連続の受賞だった[注 25]。JRA賞選考委員会の記者投票では総得票数289票のうち年度代表馬で287票、最優秀4歳以上牡馬で288票を獲得した[120]。前年に続き関西競馬記者クラブ賞も受賞した[73]。, 2006年(平成18年)12月25日付で競走馬登録が抹消され、2007年(平成19年)から北海道勇払郡安平町の社台スタリオンステーションで種牡馬となった。それからディープインパクトは、父サンデーサイレンスやノーザンテースト、リアルシャダイが過ごした「功労馬厩舎」と呼ばれている厩舎で過ごすことになった[125]。同スタリオンでの担当厩務員はノーザンテーストを担当していた森田敬治である[126]。, 2007年(平成19年)2月14日には社台スタリオンステーションで引退後初めての一般公開が行われ、会場には約1200人のファンが集まった[127]。以後は同スタリオンで繋養される一部の内国産種牡馬と同様、放牧地にいる間の一般見学が可能になっているが、本馬にのみ専門の警備員が付き添う形になっている。, 初年度(2007年)の種付料は当時の日本で繋養される種牡馬としては最高額となる1200万円であった。初年度は日本国内の新種牡馬の中では最多となる206頭に種付けを行い[128]、2008年(平成20年)1月9日には初産駒が鳥井牧場で誕生した(牝馬。母ロングディライト)[注 26][129]。, 2008年(平成20年)7月15日と7月16日に行われたセレクトセール2008当歳馬セールにて産駒が初めてセリに出され、2日間で総勢36頭が登場して31頭が落札された[131]。最高落札価格馬は初日に登場したビワハイジの2008で、2億2000万円という高値で島川隆哉に落札された[131][注 27]。最終的にこの2日間でディープインパクト産駒の総売却額は19億1000万円、1頭平均売却額約6161万円となり、2006年(平成18年)にキングカメハメハが記録した新種牡馬産駒の総売却額17億4500万円、1頭平均売却額約5629万円の記録を更新し、売却頭数31頭は2006年(平成18年)のキングカメハメハと同数となった[131]。, 2010年(平成22年)に初年度産駒がデビューした。6月26日に福島競馬場で行われたメイクデビュー福島にてサイレントソニックが勝利し、産駒の中央競馬初勝利を記録した[133]。その後も産駒の勝利数は順調に増え続け、11月21日に京都競馬場で行われた2歳未勝利戦でボレアスが勝利し、産駒26頭目の勝ち馬となり、2005年(平成17年)にアグネスタキオンが記録した25頭を抜きJRA2歳新種牡馬の勝馬頭数の新記録を達成[134]。さらに11月27日には京都競馬場で行われた2歳未勝利戦でハッピーグラスが勝利して、産駒のJRA通算勝利数が31勝となった[135]。これにより父サンデーサイレンスが持っていた種牡馬供用初年度のJRA通算勝利数30勝の記録を16年ぶりに更新した[135]。さらに12月25日には阪神競馬場で行われたラジオNIKKEI杯2歳ステークスでダノンバラードが1着になり、産駒初の重賞制覇となった[136]。最終的に初年度産駒がJRAの2歳戦で41勝し、総獲得賞金5億3704万3000円をあげた結果、ディープインパクトは2010年度のJRA2歳リーディングサイアーに輝いた。なお、この産駒出走初年度の総獲得賞金記録も、サンデーサイレンスが持っていた4億9062万5000円の記録を16年ぶりに更新することとなった[137]。, 2011年(平成23年)にはマルセリーナが桜花賞を制し、産駒のGI競走およびクラシック初制覇を果たした[138]。また、リアルインパクトがGI格付け以降では初めてとなる3歳馬による安田記念優勝を果たした[139]。さらに阪神ジュベナイルフィリーズではジョワドヴィーヴルが史上初のデビュー2戦目でのGI制覇を達成している[140]。10月22日には産駒がJRA年間100勝を達成したが、産駒がデビューして2年目の同日における達成は最速記録だった[注 28][141]。この年は最終的にJRAのサイアーランキングではキングカメハメハに次ぐ2位(中央競馬と地方競馬の合算(以下、「全国」と記述)では4位)、2歳部門ではJRAと全国でともに2年連続でリーディングサイアーとなった。, 2012年(平成24年)には、ジェンティルドンナが桜花賞、優駿牝馬、秋華賞を制し牝馬三冠を達成し[142]、さらに3歳牝馬として初めてジャパンカップも制した[143]。また、東京優駿ではディープブリランテが優勝した[144]。フランスではグロット賞 (G3) をビューティーパーラー (Beauty Parlour) が勝利し、産駒初の日本国外重賞初制覇を達成[145]。同馬は続くプール・デッセ・デ・プーリッシュ(フランス1000ギニー) (G1) にも勝利し、日本国外のG1競走初制覇も果たした[146]。最終的には産駒がGI・5勝を含む重賞18勝を挙げるなど活躍し、初のJRAと全国のリーディングサイアーに輝いた。産駒はJRAで216勝を挙げたが、これはキングカメハメハの184勝(2011年)を塗り替える、内国産種牡馬のJRA年間勝利数の新記録である[147]。また、JRAと全国の2歳リーディングサイアーの座も獲得した。これらの産駒の活躍で翌2013年の種付料は、種付時までに全納のみで1,500万円(不受胎時全額返還)にまで値上げされたが、すぐにBOOK FULLとなるなど、サンデーサイレンスの後継種牡馬の筆頭と目されていた[148]。, 2013年(平成25年)の桜花賞をアユサンが制して産駒の同競走3連覇を達成した[149][注 29]。ジャパンカップではジェンティルドンナが同競走史上初の連覇を達成した[151]。他にも、ヴィルシーナがヴィクトリアマイルに[144]、キズナが東京優駿に[152]、トーセンラーがマイルチャンピオンシップに[153][注 30]勝利。キズナは凱旋門賞制覇を目指しフランスに遠征も行い、前哨戦となるニエル賞(G2)に優勝した[155](本番の凱旋門賞は4着[156])。これらの産駒の活躍により、2年連続でJRAリーディングサイアーと全国リーディングサイアーを、4年連続でJRA・全国2歳リーディングサイアーを獲得した。, 2014年(平成26年)は、ドバイシーマクラシックをジェンティルドンナが制し[157]、産駒の日本調教馬として初の日本国外G1制覇を達成した。ドバイミーティングのG1を日本調教馬の牝馬が制したのは史上初である。桜花賞ではハープスターが勝利し[158]、産駒の同競走4連覇を達成[159][注 31]。また、阪神ジュベナイルフィリーズはショウナンアデラが[158]、朝日杯フューチュリティステークスはダノンプラチナが[158]勝利し、2009年のキングカメハメハ産駒(アパパネ、ローズキングダム)以来の2歳GI両競走制覇となった[160]。さらに中山大障害ではレッドキングダムが制して産駒のJ・GI初制覇を達成した[161]。その他にも、ミッキーアイル(NHKマイルカップ)[158]、ヴィルシーナ(ヴィクトリアマイル)[144]、ショウナンパンドラ(秋華賞)[158]、スピルバーグ(天皇賞(秋))[注 32][144]、ラキシス(エリザベス女王杯)[注 33][152]、ダノンシャーク(マイルチャンピオンシップ)[153]、ジェンティルドンナ(有馬記念)[144]がGI競走に優勝した。重賞競走では、京都牝馬Sをウリウリが勝ち、産駒のJRA重賞競走通算50勝を達成[163]。さらにスワンステークスをミッキーアイルが制して産駒重賞勝ち数が72勝となり、フジキセキを抜いて内国産種牡馬のJRA重賞勝利数歴代1位となった[164]。, この年は、JRAでの年間記録のうち、勝利数(232勝)[165]、重賞勝利数(37勝)[165]、GI勝利数(11勝)[166]、獲得賞金(67億6270万円)[165]で自己最高を記録し[注 34]、3年連続でJRAおよび全国リーディングサイアーを、5年連続で2歳リーディングサイアーを獲得した。なお、重賞勝利数はサンデーサイレンス産駒の38勝(2003年)に次ぐ歴代2位、GI勝利数は歴代1位である[166]。, 2015年(平成27年)は、ミッキークイーンが優駿牝馬に優勝[167]。同馬は10月19日の秋華賞にも勝ち、ディープインパクトは産駒によるJRA重賞通算100勝を史上最速で達成した(史上3頭目[注 35]、5年3カ月29日)[168]。他にもマリアライト(エリザベス女王杯)[158]、ショウナンパンドラ(ジャパンカップ)[158]がGI競走に優勝し、さらにリアルインパクトはジョージライダーステークス[169]、エイシンヒカリは香港カップ[170]で海外G1勝利を果たした。函館2歳ステークスをブランボヌールが制したことにより、グレード制を導入した1984年以降で8頭目となるJRA全10場重賞制覇を達成した[171]。10月12日にラベンダーヴァレイが勝利し、産駒によるJRA通算1000勝を史上最速で達成した(史上17頭目、5年3カ月23日)[172]。この年は獲得賞金(JRAにて69億701万5000円)で自己最高記録を更新し[165]、4年連続でJRA・全国リーディングサイアーを獲得した。一方で2歳成績ではダイワメジャー(6億5980万9000円)に次ぐ2位(6億228万円)に終わった。, 2016年(平成28年)は、ディーマジェスティ(皐月賞)[173]、シンハライト(優駿牝馬)[173]、マカヒキ(東京優駿)[173]、マリアライト(宝塚記念)[158]、ヴィブロス(秋華賞)[173]、サトノダイヤモンド(菊花賞、有馬記念)[173]、ミッキーアイル(マイルチャンピオンシップ)[158]、サトノアレス(朝日杯フューチュリティステークス)[174]が国内のGI競走に優勝した。菊花賞を制したことにより、同産駒は史上初の3歳GI完全制覇を達成した[175]。また、中日新聞杯をサトノノブレスが制して新記録となる6週連続JRA重賞勝利を達成し[176]、後に7週連続まで記録をのばした[177]。海外ではリアルスティールがドバイターフ[178]、エイシンヒカリがイスパーン賞[179]でG1を制覇、マカヒキはG2のニエル賞に勝利した[180]。この年は獲得賞金(JRAにて73億7053万1000円)で自己最高記録を更新し[165]、5年連続でJRA・全国リーディングサイアーを獲得した。また、JRA・全国2歳リーディングサイアーを2年ぶりに獲得した。, 2017年(平成29年)は、皐月賞でアルアインが[174]、安田記念でサトノアラジンが[158]、朝日杯フューチュリティステークスでダノンプレミアムが[181]GI制覇を果たした。海外ではドバイターフをヴィブロスが制し、産駒の同競走連覇を達成した[182]。また、日本で生産され離乳後にアイルランドに渡ったサクソンウォリアー(Saxon Warrior)がベレスフォードステークス(G2)を勝利し、産駒初のアイルランド重賞制覇を果たした[183]。さらに同馬はイギリスのレーシングポストトロフィー(G1)を勝利し、産駒初のイギリス重賞制覇をG1制覇で達成すると同時に、日本産馬初のイギリスG1制覇を成し遂げた[184]。2016年にオーストラリアに移籍したトーセンスターダム(Tosen Stardom)が、トゥーラックハンデキャップ[185]とエミレーツステークス[186]の2つのG1を勝利した。11月19日にフランツが勝利し、産駒によるJRA通算1500勝を史上最速で達成した(史上6頭目、7年5カ月0日)[187]。この年はJRA年間勝利数(251勝)で自己最高記録を更新し[165]、6年連続でJRA・全国リーディングサイアーを、2年連続でJRA・全国2歳リーディングサイアーを獲得した。なお2歳戦では勝馬数50、勝利数57を記録し、サンデーサイレンスが2004年に記録した勝馬数47、勝利数54のJRA記録を13年ぶりに更新した[188]。この年には、セダブリランテスがラジオNIKKEI賞に勝利して父の父として[189]、キセキが菊花賞に勝利して母の父として[190]初めて重賞勝ち馬を送り出し、孫の代からも活躍馬が現れ始めている。, 2018年(平成30年)は、ケイアイノーテック(NHKマイルカップ)[181]、ジュールポレール(ヴィクトリアマイル)[173]、ワグネリアン(東京優駿)[181]、フィエールマン(菊花賞)[181]、ダノンファンタジー(阪神ジュベナイルフィリーズ)[191]がJRAのGI競走に優勝した。また、アンジュデジールがJBCレディスクラシックに優勝し、産駒のダートGI競走初勝利となった[192]。この年は海外調教馬も活躍し、サクソンウォリアーがイギリス2000ギニーを優勝し、日本産馬初のイギリスクラシック制覇を達成した[193]。また、フランス調教馬のスタディオブマン(Study of Man)がジョッケクルブ賞(フランスダービー)を優勝し、同年の日本ダービーの勝ち馬ワグネリアンと合わせて2ヶ国のダービー制覇を達成した[194]。この年はJRA年間勝利数(265勝)で自己最高記録を更新し[165]、7年連続でJRA・全国リーディングサイアーを、3年連続でJRA・全国2歳リーディングサイアーを獲得した。 第17回(1997年) ピルサドスキー 第08回(1988年) ペイザバトラー 第55回(2010年) ヴィクトワールピサ 第32回(2012年) ジェンティルドンナ ID: 3mbmwolm6x, 2020/06/27(土) 18:35:31 第137回(2008年) アドマイヤジュピタ 第121回(2000年) テイエムオペラオー 第067回(1973年) タイテエム 第41回(1996年) サクラローレル 第13回(1972年) ショウフウミドリ 第53回(2008年) ダイワスカーレット 第04回(1963年) リユウフオーレル 史上初の父子無敗三冠馬の偉業【菊花賞】, 【スプリンターズS】グランアレグリア飛んだ!4角15番手から完勝 ディープインパクト産駒初のスプリントG1制覇, 来年から皐月賞トライアル「報知杯弥生賞」が「報知杯弥生賞ディープインパクト記念」に改称, ディープインパクトの死を池江泰郎元調教師が悼む 「何とか元気になってくれたらと思っていました」 : スポーツ報知, ディープインパクト擁する「社台スタリオンS」のスタリオンパレード開催!(Vol.1、新種牡馬写真), “ユタカが仏G3制覇! 松永幹厩舎の500万下条件馬ジェニアルでV | 競馬ニュース - netkeiba.com”, http://news.netkeiba.com/?pid=news_view&no=140211, 香港移籍のディープ産駒・アキヒロ セン馬になり馬名もStimulation(興惑)に, 【JRA】2020年度の重賞競走について発表 富士SのGII昇格、「報知杯弥生賞ディープインパクト記念」への改称など, ディープインパクトが教える“空を飛ぶ走り”のテクニック!-世界に通用する走りのテクニックとは?-, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=ディープインパクト_(競走馬)&oldid=80302565, 金子真人「無敗の3冠制覇をあっさり成し遂げてくれたことには、とても感動しましたし感謝しています。最も感動したのは凱旋門賞で負けて帰国した直後のジャパンカップ、有馬記念を連勝してくれたことです。その直後、あまり前例のない4歳での引退種牡馬入り後も大成功してくれました。, 武豊「体調が良くないと聞いていたので心配していたのですが残念です。私の人生において本当に特別な馬でした。彼にはただただ感謝しかありません」「僕にとっても特別でヒーローみたいな馬でした。ありがとうと言いたい」, 池江泰郎「今朝、報告を受けてびっくりしました。とてもショックです。朝から報道機関から次々と電話がかかってきて、改めて偉大な馬だと感じました。社台スタリオンステーションで大事にされ、何とか元気になってくれたら、と思っていました。まだ17歳ですからね」「お父さんになってからも活躍馬を何頭も送り出し、私自身、一年一年が過ぎていくのが早かったです。やっぱり夢はディープの子供が凱旋門賞を勝ってくれることです」, 市川明彦「種牡馬として日本の競馬界をリードしてくれましたし、日本の競馬会を変えた馬です。それにしても、(亡くなるのが)ちょっと早すぎますね。長生きしてほしかったです。残念です」, 西内荘「僕の装蹄人生を変えてくれた馬。(初めて試した)接着装蹄のことを含め、ディープには感謝しかありません。ディープの後、あれだけの馬に出会えていません。超える馬に合っていません。僕の中で非常に大きな存在です」, 吉田勝己「ノーザンファームの過去の生産馬の中でも間違いなく最高の競走馬でした。種牡馬としても大成功を収めていただけに本当に残念です。心よりご冥福をお祈りします」. 第049回(1964年) ヒカルポーラ 第113回(1996年) サクラローレル 第54回(2009年) ドリームジャーニー 第085回(1982年) モンテプリンス 第36回(1995年) ダンツシアトル 第08回(1967年) タイヨウ // -->,