第106回(1992年) レッツゴーターキン 第144回(2011年) トーセンジョーダン 第150回(2014年) スピルバーグ 第005回(1939年) テツモン 国際競走指定後: google Sponsored Link 八大競走(はちだいきょうそう)とは、日本の中央競馬における3歳(旧4歳)馬のクラシックの5競走(桜花賞、皐月賞、優駿牝馬(オークス)、東京優駿(日本ダービー)、菊花賞。五大競走あるいは五大クラシックという)に古馬の天皇賞(春・秋)と有馬記念の3競走を加えた8つの競走であり、1984年にグレード制が導入されるまで、重賞の中で特に格の高い競走とされていた。, 本項では八大競走のほか、それと関連するレースならびに八大競走と同格に扱われていた競走についても一部記述する。, 八大競走のうち、有馬記念を除く7つの競走は、いずれも戦前に創設され、4歳(旧表記)馬の5競走はイギリスのクラシックを範とし、日本でも「4歳馬の最高峰」とされた。, 天皇賞は1905年(明治38年)創設の「The Emperor's Cup」に起源を持つ最も歴史の長い競走で、長年にわたり「古馬の最高峰」とされていた。有馬記念は1956年に創設(第1回は中山グランプリ。第2回から有馬記念に変更)され、ファン投票で出走馬を決定する競走であるとともに、一年の総決算競走という位置付けで行われている。この有馬記念を加えて1956年より八大競走と称されることになった。1984年にグレード制が導入された際も、これらの競走はすべてグレードワン(Grade I,GI)に格付けされた。, グレード制導入以前はこれらのレースに加えて中山大障害や宝塚記念、ジャパンカップなどが全国発売競走であった。, なお、宝塚記念とジャパンカップ、あるいは天皇賞(春・秋)をまとめて1競走として、宝塚記念、ジャパンカップと1976年創設のエリザベス女王杯を加えて「十大競走」とする意見があり、一部競馬関係誌などでも十大競走という表現もなされた。, しかし1984年のグレード制導入と同時に、安田記念のG1競走への位置づけと新たにマイルチャンピオンシップの創設、天皇賞・秋の距離短縮で、数字を入れての「X大競走」という表現は使われなくなった。この時から、これらの競走は「大レース」ではなく「G1レース」という言葉に入れ替わって一般化した。ただしこのうち、1981年に創設されたジャパンカップについては、日本中央競馬会(JRA)の公式では八大競走ではないが、国際競走であることと、同会の厩舎関係者表彰においては、最優秀騎手賞と最優秀調教師賞の資格を得るにあたり「1着をとらねばならない競走」のひとつに指定され、八大競走と同格の扱いを受けていた[1]。一方で宝塚記念とエリザベス女王杯は八大競走と同格扱いとはならなかった。, 1990年代以降は、GI競走の増加とそれに伴う路線細分化や国際化、安田記念やエリザベス女王杯などの地位向上などの動きもあって、八大競走およびジャパンカップの地位は相対的に低下しているが、一部マスコミや関係者の間ではジャパンカップ以外の競走に対して現在でも「八大競走」という表現を使用しており、他のGIレースとは一線を画している[2]。なお、日本中央競馬会は2004年に創設した調教師顕彰者の選考基準において「旧八大競走」との表現を用いている[3]。, 八大競走とジャパンカップの歴代優勝記録は各競走(皐月賞、東京優駿、菊花賞、桜花賞、優駿牝馬、春秋の天皇賞、ジャパンカップ、有馬記念)の項を参照。, 八大競走のうち桜花賞、優駿牝馬は牝馬限定であり、また1981年春までは天皇賞は一度優勝すると出走できない、いわゆる勝ち抜け制であったため、八大競走のうち牡馬が勝ち得る最大のレース数はクラシック三冠競走といずれかの天皇賞、有馬記念の5レースだった。この5レースすべてを初めて制したのはシンザンで、初めて「五冠馬」という言葉が使われた。, 1981年秋より天皇賞は優勝馬であっても再出場が可能となり、さらに同年には同格のジャパンカップも開設されたため、牡馬が勝ち得るレースはクラシック三冠と春・秋の天皇賞、有馬記念および同格のジャパンカップとなるが、このすべてを制した競走馬はいない。最も近づいたのはシンボリルドルフだったが、7レースのうち天皇賞・秋で2着に敗れ、達成を逃している。同馬は1985年の春の天皇賞を制した時点でシンザンと同様に五冠であったが、後に八大競走に準ずるジャパンカップと2度目の有馬記念を制したことから「七冠馬」と称されている。またディープインパクトもシンザンと同様の五冠であるが、こちらは4歳時に宝塚記念とジャパンカップを制していたことから七冠とアピールされた。, 牝馬はクリフジ、ブエナビスタ、ジェンティルドンナ、アーモンドアイが3勝で最多。クリフジが活躍した時代は有馬記念創設前であり、3勝のうち2勝は牡牝混合競走(1943年東京優駿、1943年京都農林省賞典四歳呼馬=現在の菊花賞)である。この内、ジェンティルドンナ、アーモンドアイは八大競走には含まれないが秋華賞も制し牝馬三冠を達成した。続く2勝を記録した牝馬は多数いるが2勝とも牝馬限定以外の八大競走だったのはヒサトモ(1937年東京優駿、1938年帝室御賞典=現在の天皇賞・秋)、ガーネツト(1959年天皇賞・秋、1959年有馬記念)、トウメイ(1971年天皇賞・秋、1971年有馬記念)、ウオッカ(2007年東京優駿、2008年天皇賞・秋)の4頭である。, ヒンドスタン、パーソロン、サンデーサイレンス、ディープインパクト[4]は産駒が八大競走を(ヒンドスタン産駒以外はジャパンカップも)完全制覇しており、いずれも三冠馬(それぞれシンザン、シンボリルドルフ、ディープインパクト、コントレイル)の父である。また、サンデーサイレンスとディープインパクトは牝馬三冠馬(それぞれスティルインラブ、ジェンティルドンナ)を輩出している。なお、戦前に活躍した種牡馬のトウルヌソルの産駒は、戦後に創設された有馬記念とジャパンカップを除く7レースを制している。, 保田隆芳、武豊、クリストフ・ルメール[4]が八大競走を(武とルメールはジャパンカップも)完全制覇している。武は全ての八大競走とジャパンカップを3勝以上勝利[5]している。現役騎手では横山典弘が桜花賞、蛯名正義が東京優駿、ミルコ・デムーロが天皇賞・春を勝利すればそれぞれ八大競走制覇となる。, ジャパンカップを除くと、あと1つ届かなかったのは、加賀武見(皐月賞勝利なし。ただし加賀は皐月賞には1961年から1979年まで19年連続で出走して「同一クラシック最多連続出場」を記録している)、柴田政人(優駿牝馬勝利なし)、河内洋(天皇賞・秋勝利なし)、岡部幸雄(桜花賞勝利なし)、安藤勝己(皐月賞勝利なし)の5人。ただしジャパンカップは1981年創設のため、加賀の主な活躍時期はジャパンカップ創設前であった。, あと1つ届かなかったのは、田中和一郎(有馬記念勝利なし)、藤本冨良(天皇賞・秋勝利なし)、稲葉幸夫(皐月賞勝利なし)の3人。但し田中は第1回中山グランプリ(1956年12月)開催直後の翌1957年1月に逝去しており、主な活躍時期が有馬記念創設前(八大競走ではなく七大競走時代)という事情もあった。, サンデーレーシングが八大競走とジャパンカップを完全制覇している[6]。なお同一名義ではないが、サンデーレーシングが属する社台グループの創業者である吉田善哉は、吉田の個人名義での所有馬と社台グループ配下の法人馬主である社台レースホース名義の所有馬とで事実上八大競走を、金子真人は金子名義の所有馬と法人馬主である金子真人ホールディングスの所有馬とで事実上八大競走とジャパンカップを完全制覇している。, 2019年10月20日現在、3勝:皐月賞・優駿牝馬・有馬記念、4勝:ジャパンカップ、5勝:桜花賞・東京優駿・菊花賞、6勝:天皇賞秋、8勝:天皇賞春, “【天皇賞・春】平成最後の盾はフィエールマン!菊花賞以来のGI2勝目 ルメールは8大競走完全制覇”, http://race.sanspo.com/keiba/news/20190428/ope19042815470005-n1.html, https://web.archive.org/web/20130502003833/http://race.sanspo.com/keiba/news/20130429/ope13042905050005-n1.html, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=八大競走&oldid=80285482. No.1競馬サイト「netkeiba.com」が天皇賞・春(G1)2020年5月3日京都の競馬予想・結果・速報・日程・オッズ・出馬表・出走予定馬・払戻・注目馬・見どころ・調教・映像・有力馬の競馬最新情報をお届け! No.1競馬サイト「netkeiba.com」が、天皇賞(春)(G1)の歴代優勝馬・過去の勝ち馬・騎手・結果をご紹介。2019年は「フィエールマン C.ルメール」が優勝。 第080回(1979年) スリージャイアンツ 第104回(1991年) プレクラスニー 第110回(1994年) ネーハイシーザー, 第112回(1995年) サクラチトセオー (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 2017年「菊花賞」以来2年半以上も未勝利ながらG1戦線で幾多の好走があるキセキ前哨戦「阪神大賞典」では、主戦の川田将雅が騎乗断然人気(単1.6倍)ながら出遅れて7着惨敗発走調教再審査が課せられた当初は、短期免許のD.レーン騎手への乗替を模索したとされるが…ゲート再審査を受けた騎手が本番のレースでも騎乗するのが規則ということで新型コロナウイルスの影響もありダミアン・レーン騎手が、美浦(関東)から栗東(関西)へ移動してのゲート再審査がネックになった模様, そこで白羽の矢が立ったのが、平成の盾男・武豊主戦のワールドプレミアが、「天皇賞(春)」を回避メイショウテンゲンに騎乗する目もあったが、4/15ゲート再審査に合格して正式に初騎乗することが決定!, 「天皇賞(春)」歴代最多の8勝をしている平成の盾男・武豊曰く「菊花賞馬は天皇賞(春)で強いですから」その言葉通り、武豊騎手が「天皇賞(春)」で「菊花賞」馬に騎乗すると…6戦6勝(下記★印)今回、平成ではなく令和キセキが過去優勝がない6歳というのも…武豊騎手が盾男の面目躍如なるか?, ■武豊「天皇賞(春)」優勝 1989年… イナリワン(5歳) 1990年…★スーパークリーク(5歳) 1991年…★メジロマックイーン(4歳) 1992年…★メジロマックイーン(5歳) 1999年… スペシャルウィーク(4歳) 2006年…★ディープインパクト(4歳) 2016年…★キタサンブラック(4歳) 2017年…★キタサンブラック(5歳)■武豊「天皇賞(春)」全成績 25戦8勝2着6回3着4回 勝率32% 連対率56% 複勝率72%, 2018年「菊花賞」3着ユーキャンスマイル2019年主戦の武豊騎手に替わり岩田康誠騎手が初騎乗すると「ダイヤモンドS」で重賞初優勝前哨戦の「阪神大賞典」も制し一躍主役の1頭へしかし、4/26(日)岩田康誠騎手は落馬負傷(右上腕骨骨折 他)騎乗不可となり、注目されていた騎手は、浜中俊騎手が初騎乗へ, 2015年の「天皇賞(秋)」でもユーキャンスマイルと同じ金子真人氏が所有するラブリイデイに川田将雅騎手の代役で騎乗し見事に優勝している, 浜中俊騎手は、昨年11月の落馬負傷から今年2月末に復帰いきなり「阪急杯」を勝つも4月(4週)から現在まで52連敗中<2着1回3着6回>嵐の前の静けさ…大舞台で巻き返すか?ちなみに、JRAの5月カレンダーは、ロジャーバローズ(浜中俊), 主戦の池添謙一は、「日経新春杯」1着「日経賞」でも2着に導いたモズベッロに継続騎乗武豊の線も消えたメイショウテンゲンは、前走「阪神大賞典」(3着)で騎乗した松山弘平の予定だったが…4/26(日)松山弘平騎手が落馬負傷それに伴い、幸英明が初騎乗へ, 前記キセキを降ろされた川田将雅騎手は、最強の1勝馬エタリオウに初騎乗2018年「菊花賞」では、今回人気となるフィエールマンとユーキャンスマイルに割り込み2着, (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 第046回(1962年) クリヒデ 第136回(2007年) メイショウサムソン 第042回(1960年) オーテモン 厩戸 |g1メニュー |沿革 |歴代優勝馬 ... 騎手名 回 年 馬名 着 人気 武豊 ( 26- 8 6 4) 99: 1989 イナリワン 1: 4 101: 1990 第058回(1968年) ニットエイト 第072回(1975年) フジノパーシア 第062回(1970年) メジロアサマ 第086回(1982年) メジロティターン 第126回(2002年) シンボリクリスエス 第084回(1981年) ホウヨウボーイ 第108回(1993年) ヤマニンゼファー ルメール騎手は天皇賞(秋)も2018年レイデオロ、2019年アーモンドアイで勝利しており、こちらは史上初となる天皇賞4連覇だ。 現代を代表する“盾男”たちが見せた、鮮やかな差し切り勝ちであった。 第003回(1938年) ヒサトモ 第060回(1969年) メジロタイヨウ 第098回(1988年) タマモクロス 天皇賞(てんのうしょう)は、日本中央競馬会(JRA)が春・秋に年2回施行する中央競馬の重賞競走(GI)である。第1回とされる「帝室御賞典」は1937年(昭和12年)に行われているが、JRAが前身としている「The Emperor's Cup(エンペラーズカップ)」までさかのぼると1905年(明治38年)に起源を持ち 、日本で施行される競馬の競走では最高の格付けとなるGIの中でも、長い歴史と伝統を持つ競走である 。現在は賞金のほか、優勝賞品として皇室から楯が下賜されており、天皇賞を「盾」と通称するこ … 現役騎手では横山典弘が桜花賞、蛯名正義が東京優駿、ミルコ・デムーロが天皇賞・春を勝利すればそれぞれ八大競走制覇となる。 ジャパンカップを除くと、あと1つ届かなかったのは、加賀武見(皐月賞 … 第030回(1954年) オパールオーキツト 第032回(1955年) ダイナナホウシユウ 第001回(1937年) ハツピーマイト 第148回(2013年) ジャスタウェイ 第078回(1978年) テンメイ 第158回(2018年) レイデオロ 第088回(1983年) キョウエイプロミス 第050回(1964年) ヤマトキヨウダイ 第020回(1949年) ニユーフオード 第100回(1989年) スーパークリーク 第018回(1948年) カツフジ 第026回(1952年) トラツクオー 第040回(1959年) ガーネツト 第142回(2010年) ブエナビスタ 第009回(1941年) エステイツ 第090回(1984年) ミスターシービー 第146回(2012年) エイシンフラッシュ 第044回(1961年) タカマガハラ 第070回(1974年) カミノテシオ 第154回(2016年) モーリス 第034回(1956年) ミツドフアーム 第038回(1958年) セルローズ google sponsored LINK. 第120回(1999年) スペシャルウィーク 第134回(2006年) ダイワメジャー 春g1は8戦6勝 天皇賞春は10人気で回収率1300%超え。 的確でありながら高配当を見込めます。 →(春g1集計表(無料)) 秋は菊花賞&天皇賞的中とギアMAXです! 第114回(1996年) バブルガムフェロー 天皇賞(春) Tenno Sho (Spring) Home > JRA主要競走 > 歴代勝ち馬: 回次 開催年月日 開催地 距離 優勝馬 (生産国) 性齢/斤量 タイム 騎手 調教師(所属) 第104回 天皇賞(だい104かい てんのうしょう)は、1991年 10月27日に東京競馬場で行われた日本中央競馬会(jra)主催のgi競走である。 メジロマックイーンが1位入線したが、競走中に他馬の進路を妨害したことにより18着に降着となり、2位入線のプレクラスニーが繰り上がりで優勝。 第074回(1976年) アイフル 天皇賞・春の騎手成績. 第068回(1973年) タニノチカラ 第102回(1990年) ヤエノムテキ 11 R 第129回天皇賞(春)(G1) 芝右 外3200m / 天候 : 曇 / 芝 : 良 / 発走 : 15:40 過去の天皇賞(春) 2004年5月2日 3回京都4日目 4歳以上オープン 牡・牝(指)(定量) また、騎乗したC.ルメール騎手は2018年天皇賞・秋から天皇賞5連勝。 1949~51年の保田隆芳元騎手以来69年ぶり2人目となる天皇賞・秋3連覇となった。 第036回(1957年) ハクチカラ 第152回(2015年) ラブリーデイ 第138回(2008年) ウオッカ 第013回(1943年) クリヒカリ 回 年 優勝馬 成績 レース映像; 第161回: 2020年: フィエールマン: 成績: レース映像: 第159回: … 第162回(2020年) アーモンドアイ, 「あのときは外から豊さんが寄ってきたから、僕も声を出しましたよ。『オーッ』てね。プレクラスニーは無理に抑えると逆にカーッとしてしまう馬なんです。調教師から行くように言われていたこともあったし、馬の気性を考えると抑えるわけにはいかない。おまけに馬体を(他馬に)くっつけても引っ掛かってしまう, パトロールビデオ=コース外側の各所に設置されたパトロールタワー(監視塔)から記録された俯瞰の映像。パトロールフィルムとも呼ぶ。, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=第104回天皇賞&oldid=79789144. 第024回(1951年) ハタカゼ 第066回(1972年) ヤマニンウエーブ 第160回(2019年) アーモンドアイ 第094回(1986年) サクラユタカオー 第092回(1985年) ギャロップダイナ 第122回(2000年) テイエムオペラオー 第130回(2004年) ゼンノロブロイ 第124回(2001年) アグネスデジタル 2020年令和最初となるg1「天皇賞(春)」は、騎手の動向にも注目が集まる菊花賞馬キセキに平成の盾男・武豊2017年「菊花賞」以来2年半以上も未勝利ながらG1戦線で幾多の好走があるキセキ前哨戦「阪神大賞典」では、主戦の川田将雅が騎乗断然人気… 第128回(2003年) シンボリクリスエス 第052回(1965年) シンザン 第028回(1953年) クインナルビー 第064回(1971年) トウメイ 第156回(2017年) キタサンブラック 第048回(1963年) リユウフオーレル ルメール騎手は天皇賞(秋)も2018年レイデオロ、2019年アーモンドアイで勝利しており、こちらは史上初となる天皇賞4連覇だ。 現代を代表する“盾男”たちが見せた、鮮やかな差し切り勝ちであった。 第132回(2005年) ヘヴンリーロマンス 第011回(1942年) ニパトア 第016回(1947年) トヨウメ 第022回(1950年) ヤシマドオター 第096回(1987年) ニッポーテイオー 第140回(2009年) カンパニー 第116回(1997年) エアグルーヴ 第118回(1998年) オフサイドトラップ 第054回(1966年) コレヒデ, 第056回(1967年) カブトシロー 第104回 天皇賞(だい104かい てんのうしょう)は、1991年10月27日に東京競馬場で行われた日本中央競馬会(JRA)主催のGI競走である。メジロマックイーンが1位入線したが、競走中に他馬の進路を妨害したことにより18着に降着となり、2位入線のプレクラスニーが繰り上がりで優勝。日本のGI競走における1位入線馬降着の最初の事例となった。, 東京競馬場は朝からの激しい雨で不良馬場での競走となった[1]。1番人気は当年の天皇賞(春)を制し、本競走への前哨戦となる京都大賞典を勝ったメジロマックイーン(武豊騎乗)で、単勝オッズは1.9倍と高い支持を受けていた[2]。以下、GI競走での好走歴が多かったホワイトストーンが2番人気、前走・毎日王冠を制してここに臨んだプレクラスニーが3番人気に支持され、ここまでが一桁台の単勝オッズを示していた。, スタートが切られると、メジロマックイーンとムービースターが好スタートを見せ、この2頭が前に出た状態で最初のコーナー(第2コーナー)に入った。ここでメジロマックイーンが内側に進路を取りながらコーナーを回ると[4][5]、その脇を走っていたプレクラスニーが押圧され、さらに煽りを受けたメイショウビトリア、プレジデントシチーらの進路が狭まり、馬群が一時混乱[6]。場内の電光掲示板に競走後の審議を示す青ランプが点灯したが、ファンや関係者、記者などが見守る観戦スタンドからは馬群の混乱は遠目に見えたものの、原因などの詳細は判別できなかった[1][6]。第2コーナーを抜けると、プレクラスニーが先頭に立ち、続いてホワイトストーン、メジロマックイーンの順でレースが進んだ[1]。, 最終コーナー(第4コーナー)を回って最後の直線に入ると、スパートをかけたメジロマックイーンが逃げ粘りを図るプレクラスニーを一気に交わし、そのまま大きく差を広げていった[2]。ゴールではメジロマックイーンがプレクラスニーに6馬身差を付けて1位で入線[5]。さらに3/4馬身差の3着にカリブソングが入った。, 入線後に武はガッツポーズを見せ、そのままウイニングランを行った[5]。正面スタンドに帰って来た際には何度もガッツポーズを繰り返し、観衆に向けてゴーグルを投げ入れるパフォーマンスも行なった[6]。なお、入線後の向こう正面では、メジロマックイーンが審議対象であることを見越した柴田政人(カリブソング騎乗)が、「おいユタカ、ウィニングランはするなよ」と声を掛けていた[7]。, その後検量室奥のビデオ室において、第2コーナーでメジロマックイーンが内側に入ろうとした際、プレクラスニー以下5頭の進路が狭くなった事について、該当者に対する事情聴取が行われた。まずプレジデントシチーに騎乗していた本田優がビデオ室に入り、両側から挟まれて行き場がなくなったと証言[8]。続いて呼ばれたメイショウビトリア騎乗の岡部幸雄も同様の証言をした[8]。プレクラスニー騎乗の江田照男は、第2コーナーでメジロマックイーンに押圧された場面について「寄られました」と述べ、もっと外には行けなかったかという質問に対しては、「僕も内から声を掛けたし、何とも……」と答えた[9]。聴取を終えて江田が部屋を出るとき、裁決委員のひとりが「降着だな……マックイーンは」と呟いたという[9]。最後に呼ばれた武は興奮しながら斜行を否定していたが、裁決委員から「明らかに内の馬を押圧して進路を妨害している」とパトロールビデオ[注 1]を見せられると、押し黙った[10]。, 聴取の終了後、検量室に出てきた裁決委員がメジロマックイーンの18着降着とプレクラスニーの繰り上がり優勝を告知し、GI競走史上初となる1位入線馬の降着が確定した[11]。競走後15分後の事であった[6]。降着理由はメイショウビトリア(16位入線)、プレジデントシチー(18位入線)およびムービースター(10位入線)に対する進路妨害で、武に対しては開催6日間の騎乗停止も科せられた[12]。本田優は後に「後ろに弾かれた時に、メジロマーシャスにぶつからなければ落ちてたでしょうね。本当に危なかった。レースが終わってから『お前、よく落ちなかったな』とある騎手に言われましたよ」と振り返っている[13]。, 繰り上がり優勝の江田は、武が保持していた秋の天皇賞史上最年少制覇記録を更新した(19歳8ヶ月)。, 処分の発表後、武は「悪い事をしたと思ったら、ガッツポーズもウイニングランもやりません。裁決室に呼ばれて、パトロールフィルムを見せられて、そこで自分の非に初めて気付いたんです」と弁明した[6]。一方、メジログループ総帥の北野ミヤは処分および裁決委員の北野への口の利き方に対して激怒し[14]、以降に続くジャパンカップ、有馬記念への出走拒否と、処分取り消しを求める提訴を示唆したが[15]、両競走への出走を強く望む競馬ファンからの声などもあり態度を軟化させ、メジロマックイーンは両競走へ出走し、提訴も行われなかった。, 枠番連勝は降着の影響を受けなかったが(メジロマックイーンと繰り上がり2着のカリブソングが同枠)、この年に導入された馬番連勝は高配当となった。, 武の騎乗に対しては競走直後より騎手の間から不満の声が上がり、検量室内ではカミノクレッセ騎乗の南井克巳や、リストレーション騎乗の的場均ほか数々の騎手が、自らが受けた不利を大声で話し合う様子が見られた[16]。メイショウビトリア騎乗の岡部幸雄は怒りを露わにし、記者に対し「ユタカは失格だな。危ねえったらありゃしねえ。後ろの馬は競馬になんねえよ」と口にした[17]。また、被害を受けた騎手たちが「あれだけの反則を処分しないなら、みんなで異議申し立てに行くぞ」と息巻く場面もあった[6]。, パトロールビデオを見た作家の岩川隆は、「これは降着も仕方がないよ、武豊君、なぜ"焦った"のだ、ひどい、というのが実感だった。私も長いあいだ競馬場に通っているが、これだけの大レースで、これだけ多頭数の馬たちが、"斜行"のあおりをくらって一頭は落馬寸前になるような光景を見たことがない。残念ながら武豊騎手のミスだろう」と述べている[18]。競馬評論家の山野浩一は、メジロマックイーンが内へ切れ込んだ後に、好位を取った武はハイペースと見てスピードを落とし、他馬の騎手は引き続きポジションを取ろうと加速していた点に着目し、「インに入り、スピードを押さえ、そこがカーブであったという3つの条件が重なって起きたインターフェアであった」と分析している[19]。さらに山野は「武騎手にはある程度不運な降着だったとは思うが、だからといって全く予測できないインターフェアでもなかっただろう。武騎手に限らず多くの騎手に一つの教訓を残し、競馬学校で教えることが一つ増えたインターフェアでもあった」とも評した[19]。いっぽう、メジロマックイーンのファンである大学教授の植島啓司は、「何度ビデオを見直しても、武豊の選んだコースだけを見ると、ごく普通のものである。あれより外に走ったら、ほとんど逸走に近い。インがごちゃついたのが不運だった。そうとしか言いようがない。インに入るのが1秒早かったというのは結果論だ」と武を擁護している[20]。, 一方、大きな混乱には江田の騎乗にも一因があると説く者もいた。競馬評論家の大川慶次郎は次のように述べている。, また、日刊スポーツ記者の松田隆は、「仮にそこで江田騎手が引いていたら、恐らくプレジデントシチーが弾き飛ばされることもなく、武豊騎手は過怠金1万円程度で済んでいたかもしれない」と述べている[22]。さらに、武と親しいライターの島田明宏は、武が進路妨害に至った「誤算」のひとつとして、「自分の内から強引に上がっていったプレクラスニーの騎乗者が血気盛んな若者であることを、さして気に留めていなかったこと」という点を挙げている[23]。, 江田は競走前、管理調教師の矢野照正から道中先頭でレースを進めるよう指示を受けており、第2コーナーでの騎乗について次のように説明している。, 松田隆はこうした事情を踏まえ、「デビュー2年目の江田騎手にとって、調教師の言葉に背き、しかも斜行して進路をふさいできた大本命のマックイーンに進路を譲るようでは、勝負師として失格のらく印をおされる」と江田を擁護している[22]。, 圧倒的な強さを見せた1番人気馬の最下位降着ということもあり、その処分については、厳正な制度適用を評価する意見と、厳し過ぎるという意見が混在していた。, 山野浩一は、従来の競馬会の処分について「メジロマックイーンのような人気馬で、しかも天皇賞のような大レースの場合は、いわば政治的判断で騎手を罰しても、着順にはタッチしなかったと考えられる部分がある」としたうえで、「競馬会が何よりもファンや関係者の良識を信じ、ルールの厳格な適用に踏み切ったのは一大ヒットと言える」と評した[19]。また、岩川隆は、「この"斜行"が不問に付されていたら、かえって大問題に発展していたことだろう」、「このたびの毅然とした裁決は、今後も同じように公正であることを願うとともに、かなしい出来事として受けとめるしかない」と述べている[18]。翌日この件を一斉に報じたスポーツ新聞各紙も、競馬会に対しては概ね好意的であった[24]。年末の東京競馬記者クラブ賞の選考の席上では、冗談交じりながら本競走の裁決委員の名を挙げる声もあった[25]。, 否定的な意見では大川慶次郎が前述のような批評を行っているほか、植島啓司は、「メジロマックイーンの優勝だけは、最低限認めてほしいところだった。どんなに正しい裁定であるにせよ、ほとんど全ての人が納得いかないでいるのは、やはり異常ではないか」と疑問を呈した[20]。また、プレクラスニーの生産者である嶋田克昭は、「表彰台に立っている人間はみんな顔がひきつってました。スタンドにただよっている何とも言えない雰囲気を一身に感じ、自分も本当に強いのはメジロマックイーンだと分かっているだけに、よけい辛かった。表彰台に立っている時間が、いかに長く感じられたことか。1時間にも2時間にも感じられた。この気持ちの複雑さはしばらく晴れそうにない。2着で良かったんですよ。その方が気分は楽でした」と述べている[6]。, 以前から東京競馬場・芝2000mのコースには、外枠発走馬の不利と、外枠に強力な先行馬が入った場合の最初のコーナーにおける混雑の危険性が騎手からも指摘されていた[26]。マックイーンの降着に批判的だった植島啓司は、「騎手たちが怒るんだったら、府中の二〇〇〇メートルではもう競馬はできない、と言った方がいい。あの第2コーナーが直角にカーブしている変則コースでは、いままでにも数多くのトラブルがあった。それを今後は絶対に許さないというのだったら、仕方がない。マックイーンは運が悪かったのだ」と述べた[20]。このコース形態の問題は、天皇賞(秋)の距離が3200mから2000mに短縮される前年(1983年)に、日本中央競馬会の内部で発足した「競馬番組研究会」の席上で指摘され、そうしたコースで天皇賞を行うことに疑問の声が出ていたが、「研究会は距離体系の見直しする場でコース云々の議論は適当ではない」という意見に流されて終わっていた[27]。東京競馬場は2002年から全面改修が行われ、2000mコースにはスタート地点から最初のコーナーまでに新たに約100mの直線が設定されたが、外枠不利の問題は依然として解消されていない[28][29]。また、メジログループ総帥の北野ミヤは、競馬会の処分と非礼に硬化させた態度を緩める過程で「東京2000mでの最大出走頭数を減らして欲しい」と強く要望したが[14]、これは実現していない。, また、日刊競馬編集長の柏木集保やサンケイスポーツ記者の片山良三は、審議となったレースについて降着・失格が無かった場合にはパトロールビデオが公開されないことについての不満を表明し、制裁が行われる例とそうでない例の間に存在する判断基準が不明瞭であると批判した[30][31]。パトロールビデオ公開については、1999年より処分の有無に関わらず審議対象となった競走は競馬場内で公開、2004年からはJRAのホームページにおいても閲覧が可能となった。, 国際競走指定前:

山梨 移住 支援金, アンドロイド メディア プレーヤー 削除 できない, 売上 スリップ 英語, 無印 カードケース 財布, 富士山 登山ツアー 初心者, 購買伝票 Sap テーブル, 週に 一度 の恋人, どうぶつの森 Amiiboカード 相場, 長野 移住 仕事, 鉄道 廃 線 復活, 中古車 購入 流れ, ティンダー 年齢確認 保険証, 城 構築 ゲーム, 脱出ゲーム ホラー Pc, パソコン メール 選択 削除, 東京タワー 品川 バス, ケニア人 ランニング フォーム, タイ文字 フォント 変換, 富田林駅 近鉄バス 乗り場, ドンキホーテ ランド リン, 七つの美徳 アニメ 無料, 東京駅 新幹線乗り場 のぞみ, 楽天カード 増枠 できない, すみっこぐらし お泊まり会 プライズ,