All Rights Reserved. ドイツ、ブンデスリーガ・シャルケ04に所属する内田篤人選手。甘いマスクと純粋そうな雰囲気に「自分の息子は、内田選手のようになってほしい」と思っているお母さんたちも多いはず。いったいどういう風に育てればあんな男子に育つのでしょうか? 今回は、内田選手にサッカーのこと、サッカー少年やそのお父さんお母さんに伝えたいこと、さらにサッカースパイクのことなどについて話してもらいました。(取材・文 前田陽子 写真 八木竜馬), サッカーを始めたのは小学一年の時。地域の少年団に入りました。きっかけは、特になかったと思います。静岡県民だし…という感じで。小学校のサッカーはほとんど遊びでしたね。シュート練習もどこまで遠くに飛ぶかというのを競う感じで、ゴールではなくてその後ろのネットを越えようと思ってやっていましたから。うまくなろうというより、仲間と楽しもうという気持ちが大きかったです。遊びの延長線でうまくなっていく感じですね。で、中学の部活でサッカーを知るんです(笑)。, だんだん視野が広がってくると、周囲にうまいヤツがいるのに気が付くんです。で、自然とそういうヤツに負けないように練習を始める。そうなるのは、中学とか高校ですよ。だから、小学校くらいは遊びでいいんです。好きであることが基本。そうじゃないと、続かないですから。サッカーを努力だと思った時点で伸びにくくなると思います。それと、サッカーだけじゃなくていろいろなスポーツで遊んだ方がいいです。ぼくも小学生の時はザリガニ獲りから、山登り、ドブに入ってウナギ獲りもしていました。ドッヂボール、野球、何でもしておいた方がいいですね。, 中学も高校も部活でサッカーを続けました。高校は静岡県では名門の清水東高校。冬の選手権が高校サッカーだと思っていて、ぼくも高校サッカー選手権に出たいと思っていましたから。親からは「サッカー部員だけで100人を越える学校に行って、活躍できる保証はない。でも、勉強をしていれば大学を目指すことができる。だから勉強もしっかりできる高校を選ぶように」と言われていました。サッカーの強豪で、勉強も優秀。かつ自宅から通うことができるということで、清水東に決めました。ですから、中学3年のときは勉強をしましたよ。運よくぼくはスポーツ推薦で入学しましたが、それでも内申が足りていないと受験ができないので必死でした。結果、一教科が4で、後はすべて5でした。, 高校からプロに行く時も悩みました。中学・高校とぼくより上手な選手はたくさんいましたし、そういう人がプロになると思っていましたから。『自分もプロになれるかも』と思い始めたのは、高校でスカウトの人が来てくれるようになってからです。でも自信もなかったので、大学に進学するのが自分の道だと思っていました。高校の時に早稲田大学と練習試合をしたら、ものすごく強くて。ここだったら施設もいいし、名前もちゃんとしているし、いいなと思って早稲田大学に進学したいと考えていました。, 家族はぼくがやりたいということに反対することはなかったですね。サッカーも毎週、練習場まで送ってくれて、のびのびとやらせてもらいました。弁当も作ってくれましたし、洗濯もしてもらっていました。サッカーに熱中していたので、いわゆる反抗期というものはなかったですね。反抗期があるということは、暇なんだと思いますよ。熱中するものがあれば、反抗する時間なんてできないですから。サッカー少年たちには『勉強をしっかりやれよ!』と言いたいです。サッカーは楽しいから言われなくてもやると思うので、勉強はしておけと。勉強ができていれば自分の道が開けるんですよ。部活の強い学校に行きたいとか、勉強が自分の道を広げてくれる。ただ、それは後々わかるんですよね。小学生・中学生のころは、まだわからなくてもしょうがない。『もっと勉強をしておけばよかった』とぼくも気が付いたのは高校を卒業してからですし。ぼくはたまたまサッカーで進学校に入れましたけど、中学の時に親の言う事を聞いておいてよかったと思いました。すごく大事です、勉強は。面倒くさいし、結局使わないこともあると思うけれど、自分の道を広げてくれます。親は子どもに勉強させた方がいいですね。, 自宅から高校は越境だったので、毎日5時30分の始発でした。親は弁当を作るので4時30分起き。それを3年間やってくれました。本当にありがたいです。家族の協力がなければ子どもはサッカーができません。当時もありがたいと思っていましたが、今の方があの時どれだけ家族に負担をかけていたかがわかります。親はサポートするのみですかね。ぼくの親はプロに行く時も「大学行った方がいいんじゃない?」と言っていましたが、結局はぼくに決めさせてくれました。こんな道もある、あんな道もあると提示して、あとは自分で決めなさいというスタンスです。お母さんはこの道がいいな、とは言っていましたけれど。ぎりぎりまで大学に行くつもりでしたし、お母さんからは「プロに行っても上手な人ばかりだし、大学に行ってから決めればいいんじゃない?」とも言われました。でも、大学に行ってからまたプロから声がかかるかはわからないし、小学生のころからプロ選手になりたくてサッカーをしていたのでここで行かないという選択は考えられず、自分で判断しました。, ぼくは運よくプロになれましたが、プロになれるサッカー少年の方が少ない。ですから、ほとんどの選手がどこかであきらめなければならなくなる。そこを見守るのは親もつらいですよね。夢ばかり追いかけてサッカーをやらせて、大学にもサッカーで行かせていいのかとか、ある程度現実を見ないと。親はいつも心配をしていますよね。ぼくの親も今でも「ごはん、しっかり食べている?」と心配してくれています。, 親には子どもを自由にさせてあげてほしいですね。そして、サポートしてほしいです。中学くらいの時は親の弁当より、コンビニに行きたかったりもしました。でも、親は必ず弁当を持たせてくれていて、ぼくも食べていました。弁当いらないとか、試合を見に来るなとか言われることがあると思いますけど、親は子どもにその時嫌われてもいいから、ちゃんと接した方がいいですね。その時に反抗されても気にせずに。親ってありがたいなというのは、わかるようになりますから。, スパイクを履き始めたのは小学校のころからですね。黒に赤いラインのアディダスのシューズを愛用していました。たしか、名波さんが履いていたんだと思います。当時、名波さんにあこがれていて、それで履いていました。それ以来、ずっとアディダスのスパイクを愛用しています。アディダスはまずは、デザインがいいですよね。おしゃれでかっこいい。あと、ドイツのグラウンドは濡れていて滑りやすいんですが、芝をよく噛んでくれ、足首を固定してくれる点が気に入っています。日本のグラウンドは絨毯のようでキレイ過ぎますね。ぼくはドイツのピッチの方がプレイしやすくて好きです。, 実は足のサイズが左右で違って、右が1㎝くらい小さいんです。なので、高校の頃は右足はソックスを2重にして履いていました。今は左右ともジャストサイズのシューズが履けるので、助かっています(笑)。, ぼくは高校時代も県立高校で、土のグラウンドでプレイしていました。スライディングすれば血だらけになって、グラウンド整備も自分たち。今の子どもたちはプレイ環境も恵まれていますよね。それで、めちゃくちゃうまい。楽しみだけど、ぼくがいる間に追い抜かれないようにしなきゃと思っています。, 遠藤渓太選手ら有志の選手が夏の活躍の場を失った母校や出身チームの学生アスリートへシューズ寄贈, 高校サッカー日本一の静学・川口修監督に聞く、劣勢を跳ね返すのに必要な「頭を整理する力」を身につける指導, 保護者のキャラも見られている! 川崎フロンターレのスカウト担当が語る「いい選手」の保護者の特徴, ボールホルダーの選択肢を狭めるプレスのかけ方/ジュニア年代から理解しておきたい守備の基本トレーニング, パフォーマンスを上げる時に気を付けたい「悪い癖をつけるトレーニング」になっていませんか?, Jクラブのスカウトが見るポイントは? 川崎フロンターレのアカデミースカウトが語る選手評価ポイント, 股関節の可動域はドリブラーの生命線!興國高校・内野智章監督も絶賛のストレッチ法とは?, 中村憲剛選手もサカイクキャンプの考え方に共感! 一流選手に必要な「考える力」を育む一歩, サッカーがうまくなる一番の方法が、技術指導ではなく人間性を磨くことだと教えてくれる記事7選, お子様の疲れが気になるなら!10歳~15歳のジュニアアスポーツ専用サプリ「キレキレ」, 「"弁当いらない""試合を見に来るな"は気にしないで!大人になったら感謝する」内田篤人. 内田篤人氏が語るコロナ中断期間のトレーニング “心構え”で「だいぶ差が出ると思います」, 「あそこまででは…」 元シャルケ内田氏、FWソン・フンミンの"変貌ぶり"に驚愕「手が付けられない」, 内田篤人氏がルヴァン杯の決勝アンバサダーに就任!意気込みとともに同カップにまつわる意外な事実を告白, 「やる男だなと」内田篤人氏、盟友・香川の“勝負強さ”に脱帽 「DAZN」が番組未公開シーン投稿. 8年間離れた古巣・鹿島アントラーズに復帰して3シーズン目。内田篤人は、無冠に終わった昨シーズンの悔しさを抱えながら、今、どのようにサッカーと向き合っているのか。数々の試練を乗り越えながら … 内田篤人さんの子供さんは、両方とも女の子とのことですね お父さんである内田篤人さんに似て、かなり可愛い顔立ちをされていると思いませんか? 日本サッカー協会(JFA)は30日、反町康治技術委員長のコラム「サッカーを語ろう 第3回」を更新した。「指導者への思い」と題し、指導者の在り方やライセンスについて言及。9月からJFAの新たな試みとしてアンダーカテゴリーの指導に携わっている「ロールモデルコーチ」内田篤人氏についても語っている。, 森保一監督率いる日本代表は、10月の国際Aマッチデーを利用してオランダで合宿を実施した。新型コロナウイルスの影響により、今年の日本代表戦が行われていなかったなかで、カメルーン代表とコートジボワール代表と対戦。アフリカの強豪との2連戦は有意義な時間となった。そのなかで、反町技術委員長はあることに気が付いたという。, 「指導者の重要性、いい指導を受けることの大切さ。そんなことに私が思いをはせたのは、ユトレヒトでSAMURAI BLUEの面々と日々接した影響もあるかもしれない。サッカーはプレーにその人の性格が出ると言われるけれど、オランダに集まった選手たちは、やはり人間的にも優れていた。コロナ禍の代表戦という困難な状況にありながら、不平や不満を口にする者は一人もいなかったし、感染予防のプロトコルを順守させるためにあれこれ細かいことをこちらから注意することもなかった」, 宿舎では密を避けるためにテーブルを囲んで皆で食事をとれず、1人1つのテーブルに座って食べる“個食状態”だった。その時、反町技術委員長は、「ご飯を食べながらスマホなどを見る選手がいても不思議はない」と思っていたというが、日本代表の選手たちは全くそういうことをせず、社会的距離を慎重に取りながらも選手同士でコミュニケーションを図っていたようだ。, 「日常の振る舞いも含め、そういう行動が付け焼き刃ではなく、ごく自然にできていた。そんな選手を見ながら、指導者は、ただサッカーを教えるだけでなく、選手の人間的な成長も見つめていく必要があると、あらためて痛感した。家庭では親の影響は大だが、グラウンドでは指導者が選手の人間形成に大きな影響を及ぼす。そんな責任の重さを今回のオランダ合宿で再確認したのだった」, そこでカギとなるのがライセンス問題。9月、JFAはロールモデルコーチとして8月に現役を引退した内田篤人氏が就任することを発表した。内田氏はアンダーカテゴリーの代表チームをはじめ、JFAが取り組む若年層の強化および普及に関わる活動に参加し、世界の舞台で培った内田氏の持つ経験、知見を後進の育成にあてる。すでに何度かU-19日本代表候補トレーニングキャンプにも参加している。そんな内田氏の肩書についても触れている。, 「理由は内田がナショナルコーチングスタッフに入るのに必要なライセンスを持っていないからだ。元日本代表でFIFAワールドカップ出場経験があり、ドイツのシャルケ時代にはUEFAチャンピオンズリーグのベスト4まで勝ち進んだ。そんな内田でも正式にコーチになろうとしたら、ライセンスをこつこつ取得していく必要がある。それを不思議に思う人がいるのも分かるし、賛否両論いろんな意見があっていいと個人的には思っている」, そのうえで自身の経験も語っている。若き頃から指導者を志していた身としては、“ライセンス”の重要性も実感している。, 「Jリーガーで初めて現役選手のうちから指導者養成コースに通い、最初に取得したC級を足場にバルセロナに留学したり、高校のチームを指導したりしながらS級にたどり着き、36歳で当時J2だったアルビレックス新潟の監督になった我が身を振り返ると、本気で監督の仕事をするのであれば、取るべきライセンスはきちんと取った方がいいと断言できる。選手と監督はまったく別の仕事であり、監督気分で選手をやってはいけないし、選手気分のまま監督をやってもいけないからだ」, ただ、ライセンスというのは取らせるのが目的ではなく、日本のサッカーをより良くするための指針や方向性を広くコーチたちに伝えるもの。ライセンスを取得してからがスタートとなる。世界に目を向けると、ドイツでは若くて優秀な指導者が次々と出てくる。だが、日本ではなかなか出てこない。, 「若くて勢いのある監督を輩出したいと思っているのだが……。これも私に与えられた宿題の一つかもしれない」, 反町技術委員長はそう締めくくり、今後も日本サッカーの発展のため、“指導者”と真摯に向き合っていく覚悟を改めて示した。, 内田篤人氏が回顧、日本代表に「無理してでも行きたかった」理由とは? 「選手によっては…」, 内田篤人氏が指摘、日本代表メンバーとして戦う価値とは? 「相当な覚悟がいるけど…」, 内田篤人に魅了されっぱなしだった 何度もハッとさせられたシャルケ時代の“理知的な言葉”, 闘莉王が語る内田篤人との忘れられない一戦 「キレキレのロッベンが何もできなかった」.

霧島れいか 美顔器, 米子北サッカー部 飲酒, レーヴディソール 可愛い, 大和田南那 キンプリ, マイルチャンピオンシップ 2020, コウノドリ2 6話, 千葉ロッテマリーンズ ユニフォーム, カトリック信徒の 著名 人, 第39回ジャパンカップ 外国馬, 戦場のピアニスト 原作, ぺこぱ ロッテ なんj, キラメイジャー パジャマ おもちゃ, Miu404 視聴率 初回, 井上晴哉 守備, 戦争映画 リアル, 山本耕史 堀北真希, 長谷部誠 子供 何人, Nhk 支払方法, 懸賞 当たる 書き方, アンナチュラル 感想 ブログ, 競走馬 安楽死 馬肉, 静岡県西部ユースリーグ 2019,