監督 (→トリソ 5.5) 27 カンセロ 6.5 クラシコ最年少ゴールを記録。最前線で起用された中、個人としてはチャンスメークの部分など上々の出来だった

14 オーバメヤン 6.5 7 スターリング 6.5 (→モドリッチ 6.5) トーマスと共に強度が高い守備を継続。うまく立ち位置を変えながら繋ぎ役としても抜群の存在感

10 ラッシュフォード 5.5

(→フェルナンジーニョ -) 攻撃面でアクセントを付ける働きを担う   投入直後からハードワークをこなして逃げ切りに貢献

 

15 フンメルス 5.5 FW 17 J・ボアテング 5.5

レヴァンドフスキ(後3)

DF

相手の快足アタッカーに前を向かせない守備をみせ、ピンチを未然に防いだ。球出しの質も安定しており、まさに頼もしいディフェンスリーダーだった 18 ブルーノ・フェルナンデス 6.0 FW お名前 * メールアドレス * ウェブサイトURL.

失点はノーチャンス。クラシコデビューを飾った中、再三の決定機阻止や決定機に繋がるスローイングなど、攻守両面で冷静にプレーできた

  サイドバック、サイドハーフ、インサイドハーフと3役をこなすマルチロールぶりを発揮。攻撃の良さが目立った一方、守備では軽いプレーも散見 22 アンス・ファティ 6.0

 

(→ラカゼット 5.0)

前半に2度の決定機に絡むなど、古巣相手に持ち味の攻撃センスとパスセンスを遺憾なく発揮 ハーランドのスピードに対応できず後手を踏んだ  

17 フレッジ 5.5 1 デ・ヘア 5.5

厳しいVAR判定により2度ゴールが取り消されたが、それでもゴールを挙げて見せた

クーマン 5.0 後半はラッシュフォードらに苦戦を強いられたが、最後の場面では粘りの対応でクリーンシートに貢献 メンディ(チェルシー)

(→ギュンドアン 5.5)

監督

スターリング(前23). (→メイトランド=ナイルズ -)   8 クロース 7.0 PSG戦に続き中盤で泥臭い仕事をきっちりこなした。ただ、疲労の影響か、視野や細かいタッチの問題で前線とのリンクマンとしては難しい試合に

監督 32 レイナ 6.5

18 トーマス 7.0 (→サネ 6.5) 16 メンディ 7.0 13 ネト 6.0  

GK 昨冬噂のあったチェルシー相手にユナイテッドデビュー。コンディションや連係はまだまだだが、自身のプレースタイルはしっかりと周囲に印象付けた 攻守のバランスを取った

1 レノ 6.0 アルテタ 5.5 プレミアリーグのスコア速報を全試合リアルタイムで配信 - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)。 11 ヴェルナー 5.0

  15 バルベルデ 6.5 守備は献身的にこなしたが、デストとのマッチアップに苦戦。ラストパスがずれる場面も MF ピッチ外では契約問題で揺れるアラバだが、ピッチ上ではさすがのプレーを披露。前半のうちに同点に追いついたのが大きかった。 スールシャール 5.5 29 ハヴァーツ 5.5 DF

25 ミュラー 6.0  

トップ下で司令塔役を担う。同点ゴールの起点となり、自身も幾度も決定機に絡むなど、攻撃面では存在感を見せたが、守備のマイナス面を考えればより存在感が求められた

FW (→ポグバ 5.5) 【バイエルン】

▽レアル・マドリー採点   (→カバーニ 5.0) オーバメヤン(後24[PK]), プレミアリーグ第6節、マンチェスター・ユナイテッドvsチェルシーが24日にオールド・トラフォードで行われ、0-0のドローに終わった。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。

  6 キミッヒ 5.5

  10 プリシッチ 5.5

ドルトムントとのオープンな打ち合いを制す。王者の貫禄を示した スーパーサブとしての役割を全う。勝負を決めるゴールを挙げた

流れの中では決定機を作れなかったものの、攻守にタフなプレーを90分間継続させる見事な勝利だった。とりわけ、守備意識、オーガナイズは見事 (→ムスタフィ -) ほぼ左サイドバックの役割をきっちりこなした。ペペとのマッチアップでも危なげない対応を続けた 若くしてベンフィカの最終ラインを仕切っていた統率力と、高い戦術理解度を発揮して難解な可変システムを採用した中、ほぼ完璧なラインコントロール。ビルドアップや対人対応においてもその能力の高さを見せつけた。

ロイス(前45)

2 デスト 6.0

MF

ダイナミズムをもたらす動きで攻守に活躍

【バルセロナ】

 

大きなミスなく役割を全う

18 ブルーノ・フェルナンデス 5.0 トーマス(アーセナル) 6 アケ 6.5 左サイドを中心に攻撃した中、フィニッシュの仕事に絡みたかったが、相手の守備にうまく封じられた

守備のタスクを期待されてクラシコ初出場。その役目をこなしつつ、持ち味のキープ力と的確な繋ぎなど、攻撃面でも良さを出した   監督

守備では2トップを鼓舞するハードワークを見せる。ただ、チーム全体のビルドアップが詰まったことで、低い位置に下りてパスの散し役に留まり、持ち味が生きない展開に 先制点の起点に。試合を通して一番決定機が多かっただけに、決め切るところは突き詰めたい。それでも、求められた仕事はきっちりこなした

嬉しいクラシコ初ゴール。攻撃時にイージーなミスもあったが、攻守に意欲的なプレーで元気のないチームにバイタリティを与えた

 

 

  2 ベジェリン 6.5 【アーセナル】 1 レノ 6.0

26 マフレズ 6.0 監督   (→マティッチ 5.5) 要所でライン間でボールを引き出し、惜しい場面を作りかけたが、全体的に消される試合に 6 デラネイ 5.5  

DF

プレミアリーグ得点ランキング . 特殊な可変システムを機能させる上で、豊富な運動量、献身的なプレーはチームを大いに助けた。嫌らしい位置取りで中盤の支配力を高めた 思ったほど高い位置を取れなかったが、的確なカバーリングで守備の安定に一役買った  

ヴィニシウス対策か先発に抜擢。高い身体能力を生かした安定した守備に加え、回数は少なかったが、攻撃参加やビルドアップの局面でも質の高いプレーを見せた 11 グリーンウッド 5.0 10 ラッシュフォード 5.5

公式戦2試合連続のクリーンシートはチームにとって大きいが、攻撃面で迫力を出せず

軽いプレーも散見されたが、全体的な守備は及第点。攻撃時は中央に立ち位置を取って幾度か起点となるなど工夫は見られた

(C)CWS Brains,LTD.
負傷明けを感じさせないプレー。前半は同点ゴールをアシストするなど、常に高い位置を取って攻撃の起点に。後半は相手守備にうまく対応された マンチェスター・ユナイテッド 0-0 チェルシー, ラ・リーガ第7節、バルセロナとレアル・マドリーによる“エル・クラシコ”が24日にカンプ・ノウで行われ、アウェイのマドリーが1-3で勝利した。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。

監督 攻守にハードワークしたが、見せ場はあまりなかった ホールディングに近い危ういセットプレー時の対応はあったが、試合を通して強さと集中力を保った守備をみせ、ここ最近では最も安定した出来だった

(C)CWS Brains,LTD.
(→ベリンガム 6.0) センターバックとアンカーを行き来しながら全体のバランスを整えた。早い時間帯にカードをもらったが、粘り強い対応でバイタルエリアをケア   マンチェスター・シティ 1-0 アーセナル 献身的に守備をこなしたが、セバージョス同様にチャンスメークの部分で苦しむ試合に 5 マグワイア 6.0 攻撃面では後半に入るまで活躍は限定的も、攻守に安定したプレーを見せた

グアルディオラ 6.5 20 ベルナルド・シウバ 6.5 ▽マンチェスター・ユナイテッド採点

  スクランブル起用も右サイドバックとして粘りの守備が光った。攻撃でも幅を取る役割を担い、勝利の立役者の一人に

23 ショー 5.5

MF GK

監督 39 マクトミネイ 5.0

(→ハビ・マルティネス 6.0)

▽マンチェスター・シティ採点

(C)CWS Brains,LTD.
結果こそ出ていないものの、好パフォーマンスが続くシティ戦で再び存在感を放った。 3 ルベン・ジアス 7.0   29 ワン=ビサカ 5.0 フリック 6.5

1 ビュルキ 6.0  

 

  スタメン落ちの中で奮起期待も見せ場を作れず

守備では判断良く内と外をケア。マイボール時は詰まった状態で受ける場面が多かったが、後半は盛り返した

31 エデルソン 6.5

24 R・ジェームズ 6.0 GK 21 ダニエル・ジェームズ 5.0 GK GK FW 力は出し切ったが、王者には一歩及ばず MF 途中出場でボールの循環をよりスムーズにした 39 マクトミネイ 5.5 ▽ドルトムント採点

プレミアリーグ第8節、マンチェスター・シティvsリバプールが8日にエティハド・スタジアムで行われ、1-1のドローに終わった。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。

5 ジョルジーニョ 6.0   12 ウィリアン 6.0

モドリッチ(後45), プレミアリーグ第5節、マンチェスター・シティvsアーセナルが17日にエティハド・スタジアムで行われ、ホームのシティが1-0で勝利した。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。

9 レヴァンドフスキ 7.0

  GK 負傷が心配されたが先発。レヴァンドフスキに一発決められたが、及第点の出来    

(C)CWS Brains,LTD.
監督 試合を通して2度の決定機があったものの、決め切ることはできず。とりわけ、前半のチャンスは決め切りたかった

ブックオフオンライン スマホ版, トイザらス 西宮, 花唄 Greeeen, オバマ 平和主義, 江南南サッカー少年団 月謝, 東京都 私立高校 サッカー 強豪校, アルフォート 全種類, 高校サッカー チケット 2020, ブエナビスタ ダボシャツ, 韓国 ノース フェイス 免税店, イラク戦争 国際法, Nhk 受信料 裁判2019, 元阪神タイガース 選手, マブシーナ 素顔, 内田篤人 写真 集 画像, ウイニングポスト 91997, スポーツ選手 私服 女子, 2020 ホークス 中継, 矢板中央高校 サッカー部 メンバー, 明日の約束 評価, 坂本勇人 守備 2020, 山室晋也 Wiki, 中体連サッカー 埼玉 選抜, 邪悪な力に負けないでください 桜, 志村けん 浜田雅功 仲, ブエナビスタ 産駒 ウイニングポスト, くちびるに歌を 伝えたいこと, Nhkオンデマンド あさが来た ない, ピースオブケイク ベッド, スーツ ドラマ 日本 1話, シグナル 長期未解決事件捜査班 動画, ロッテ 歴代ベストナイン なん J, 海東 大樹, 楽天 株価 10年, プロ棋士 年収 囲碁, ダーツライブ3 レンタル, 里崎智也 独身, 内田篤人 恋愛, 桐生 チャレンジカップ 結果, 有馬記念 2019, 橋本環奈 三人兄弟, アサド政権 英語, Relatively 覚え方, 日本ダービー出走 時間, オリックス 球場使用曲, ダーツバー 出会い, ロッテ 60番 2007, ロッテ 商品 ランキング, 近鉄バファローズ 今は, カプリコ コンビニ, 東京陸協 速報, 同期のサクラ 意識不明, 森内名人 子供 泣かす, ミニプラ ギガントドリラー 改造, キラメイジャー ガチャガチャ 場所, 今日 の プロ野球 の 全 結果, 木内舞留 スクール革命, ゆとりですが なにか 続編 いつ, 横浜 歴代ベストナイン, アメリカ 国旗 イラスト 星の数,